<< 提訴の背景 | main | 教育フォーラム2011 子どもの未来のために、いま私たちにできること >>

スポンサーサイト

  • 2013.08.24 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


裁判所に行ってきました

先日、裁判所に行ってきました。

本来はこの日が口頭弁論の日で、すべて完結する予定でしたが、先方が弁護士を立てて、通常訴訟への移行を求めてきました。
そして、この日は向こうの都合が悪いとのこと。 裁判所に来てくれてもかまわないが、何もことが進むわけではないし、一瞬で手続きは終わると、書記官の方から言われていました。
しかし私は今、相手の出してきた答弁に対して反論を準備しなくてはならず、次の期日を決めなければいけない、そしてなんだかよくわからないことだらけなので、とりあえずこの日は裁判所に出向くことにしたのでした。
(反論は第2回期日の1週間前には提出しなければいけません)

円卓には録音装置があって、ちょっと構えちゃいましたが、
録音されることもなく、ざっくばらんに判事の方と話をすることができ、結果としては行って大正解だったのでした。

正直、どう考えてますか?
といわれ、
・先方が、保証金償却の有効性について、最高裁の判例を出してきているので、その点については正直厳しいと思っている
・しかし、鍵のシリンダー交換の実費×2.5倍の請求、および、洗面台交換台の請求を保証金償却とは別に行っているのは、やはり不当だと思うので、この部分については返還を求めたい

旨を正直に話しました。
判事の先生は、じゃあそういう方向で、doriaさんに有利になるように和解を勧めましょう、ただ正直判決まで行っちゃうと厳しいものになると思います。
反論は、あくまでこれまでの自分の主張を首尾一貫させるように。(たとえ保証金全額返還はたぶん無理と思っていても)
とおっしゃいました。

なるほど・・・・・・判決まで行くのか、和解ですませるのか、というところが結構大きな分かれ目なんだと言うことが実感できました。

あと、最初は約30万返還せよ!と大きく出てしまいましたが(←無料相談での弁護士先生の助言に従ったため)、最高裁判決はもう少しチェックしておくべきだったかな・・・・・・甘かったかも、と思いました。ただ、じゃあ泣き寝入りしてよかったのか、というと、そうとも言い切れず、何とも複雑です。通常訴訟に移行すると特に。裁判は気持ちだけじゃなく、損得勘定も考えないといけませんから・・・・・・。

このあたりは、敷金返還、でググっても、古いケースしか出てこないので、正直参考にならないと思います。今にして思えば。ググると、借り主が勝ったケースがいっぱい出てくるんですけどね・・・・・・。

その日に行われる他の訴訟についてもちらっと見ましたが、多いのはやはり離婚関連。「反訴」という文字も見えて、おぉ、という感じでした。あと他にも何件か敷金で争っているケースもあるようで、「がんばれ!」と心の中で応援してきました。

最初から一貫して感じていることですが、簡裁の方々はどなたも本当に親切に対応してくださいます。書類を出したときの書記官も、この訴訟担当の書記官も、判事も、手続きの相談に乗ってくださる方も。そういう意味では、訴えを起こすことについて、そんなにビビらなくても良さそうだという感触を持ちました。 

スポンサーサイト

  • 2013.08.24 Saturday
  • -
  • 18:07
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM