スポンサーサイト

  • 2013.08.24 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


和解成立

少額訴訟から通常訴訟に移行した、私の保証金等返還事件、3回目の今日、無事和解が成立しました。

9万円返してもらえることになりました。

個人的には当初もくろんでいた着地点にきっちりはまって、ちょっと信じられないくらい嬉しいです。
これを多いと見るか少ないと見るかは人によるでしょうが、今回の状況を踏まえて妥当な決着だと思うし、私にとって9万円は大きなお金です。

泣き寝入りしないでよかった・・・。

書面を一生懸命書いたのもよかったみたいです。裁判官には、「弁護士の友達に書いてもらったんですか?」と言われたくらいでした。心証って大切なんだな〜ということも学びました。
書面については法律事務所勤務の友人Fさんが支援・応援してくださいました。本当に感謝です。

貸し主寄りの最高裁の判決が出た後にこんな訴えを起こして、馬鹿だったかもしれない、と思いましたが、結果的には訴えを起こしてよかったです。
敷金や保証金返還関係で迷ってる方、納得いかない方がいたら、周到な準備は必要だし平日に裁判所に行くのもなかなか難しいかもしれないけど、是非泣き寝入りしないでほしいと思います。

2回目の期日

先日は2回目の期日でした。

1回目の期日の時に出た被告の弁護士からの書面は読んでいました。
要するに、全ては契約で決まっていたことで、あらかじめ納得して署名していたのだから、原告の言い分は通らない。数ヶ月前に出たばかりの敷引有効の最高裁の判決だって裏付けになる、というような主張でした。

(・・・「敷金返還」でググるとよく出てくるような、トンでも大家さん、ではなかったようです。きわめてまともな感じでした)

そこで、私はこの日までに、反論を書面にして準備していきました。

最初の訴状を書いたときに、洗面台と鍵代の見積もりを出せ、という要求をしたら、
続きを読む >>

裁判所に行ってきました

先日、裁判所に行ってきました。

本来はこの日が口頭弁論の日で、すべて完結する予定でしたが、先方が弁護士を立てて、通常訴訟への移行を求めてきました。
そして、この日は向こうの都合が悪いとのこと。 裁判所に来てくれてもかまわないが、何もことが進むわけではないし、一瞬で手続きは終わると、書記官の方から言われていました。
しかし私は今、相手の出してきた答弁に対して反論を準備しなくてはならず、次の期日を決めなければいけない、そしてなんだかよくわからないことだらけなので、とりあえずこの日は裁判所に出向くことにしたのでした。
(反論は第2回期日の1週間前には提出しなければいけません)

円卓には録音装置があって、ちょっと構えちゃいましたが、
続きを読む >>

提訴の背景

私が今回争うことになった経緯

・入居時、「保証金」の名目で家賃3ヶ月分払った
・この保証金は理由を問わず、退去時に全額償却される
・この保証金から、ハウスクリーニングや原状回復費用がまかなわれる
・この保証金とは別に、退去時約2万円の鍵交換費用を支払わなければならない
・借り主過失に対しては、保証金とは別に修繕費を払わなければならない

という立て付けの賃貸借契約でした。
その他、更新料が1.5ヶ月分というのも、結構高いなぁと感じていました。家賃も相場より少し高かったです。

また、退去して1ヶ月後ぐらいに、最後の月の日割り家賃精算が届いたのですが、そこからは
・鍵費用約2万円
・私の過失でひびが入った洗面ボウル交換代約5万円(見積もりなし)

が引かれていました。
保証金3ヶ月分も払っておいて、これらがさらに請求されたということにどうしても納得がいかず、訴えることにしたのでした。

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM