スポンサーサイト

  • 2013.08.24 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


まさかのファンド償還 w(゚o゚*)w

 ほぼ一年ぶりの更新となってしまいました・・・・・・。

なんと、日興ユーロMMFが12月で償還されると言うではありませんか。この件では、何通かMONEXからも書面で連絡をいただいていたのですが、重い腰を上げて自分の口座にようやくログインしました。
日興ユーロMMFで持ってるユーロをつかって、既発債のドイツ国債やスペイン国債(!)も買えるらしいのですが、買ったとしても分配金や償還は日本円になるみたいで、あまり根本的なところでのソリューションにはなってないみたいです。

年末年始にまたリバランスするので、なにか投資信託で代替しようかなーと思ってます。
それにしても大赤字でした。何せ投資を始めた頃は100円台後半でしたからねぇ・・・・・・。

ざっと調べてみたところ、eMAXISで先進国債券の取り扱いがあるみたいなので、そちらを有力候補として考えていこうかと思ってます。

これまで参考にしてきた書籍には、こういう事態への処し方は書いていなかったな〜。でも、こういうことって起こるんですよね。

ETFのセミナーに行ってきました

 先日、楽天証券主催の『世界の ETF 市場と i シェアーズのこれから』というセミナーイベントに参加してきました。

一番の目玉イベントであるデボラ・ファー氏の講演では、ETFが市場で取引されている商品であり、投資信託よりも機動性が高いというメッセージが印象的でした。個人的には「XXショック」が起こってもすぐに金融資産を売却・現金化しようとは思わない長期投資のスタンスなのですが、確かにETFの大きなメリットはここだな、と。

今はわたしはETF商品を全く持っていません。VTなどにも興味はありますが、米国株扱いなので、売買手数料も余分にかかりますし、なんだか税金面も、将来的にまた別の商品に乗り換えることになった場合もめんどくさそう・・・・・・というのが理由です。。
そういう意味では、日本国内の取引所に上場するETFでよい商品、資産残高が多い商品が出てくれば是非検討したいと思います。
セミナーを聞いていて、iSharesにも期待大、と思いました。

自分の仕組みを作ってみた

評価:
竹川 美奈子
PHP研究所
¥ 1,365
(2008-07-23)

 
竹川美奈子氏の『しくみマネー術』を参考に、お金の流れる仕組みを考えてみました。

フリーランスになって早1年と4ヶ月。派遣社員時代と比べて、お金の管理の仕方が変わりました。ただ、少し様子を見てから系統立てて考えようと思っていたので、こんなに時間が経ってしまいました。

個人事業主になって変わったのは、収入がいろいろ異なる日に入金されるということ。そして事業用の口座と個人用の口座を分ける必要があるということです。

その点、竹川氏が提唱しているモデルに加えて、「事業用口座」を付け加えて考える必要がありました。
結果として、
事業用口座に報酬が振り込まれたら、そこから

  • 個人の口座(税金引き落とし、個人のクレカ決済)
  • 貯蓄用口座(万一に備える、中長期資金。最低でも半年は普通に暮らせる額)
  • プール用口座(賃貸更新料、旅行代、税金の準備、冠婚葬祭、家電買い換え)
  • 投資用口座(証券口座、老後資金)

という口座に資金を振り向けていくこととなります。事業用口座からは、公共料金の引き落としや、事業用クレジットカードの決済が行われます。
こうやって改めて整理をしてみることで、まずは貯蓄用口座とプール用口座に積み立てることが必要だと言うことがよくわかりました。今後は、収入から一定額を積み立てていこうと思います。それが出来てから、収入から投資へお金が回せることになります。

頭ではわかっていても、こういうことは時々紙に書いて整理をする必要があると実感しました。

これを機に、生活費以外に自分はいくら遣っているのだろうと思い、個人のクレジットカードの1年分を計算してみて、びっくりしました。結構使ってるんだなーと・・・。

減らせるものは、一言で言うと、無駄な買い物かと思います。額にするとそんなに多くはないのですが・・・。安物買いの銭失いのパターンが多いので。

反省のGWでした。


2010年のリバランス&積立プランニング

JUGEMテーマ:資産運用 

先日行ったモニタリングの結果を基に、来年1年かけて買い足していく資産クラスの確認と、実際の商品選び、月々の積立額のプランニングを行いました。
続きを読む >>

2009/12/21のポートフォリオ

 2009/12/21時点での資産配分です。

続きを読む >>

長期分散投資のうれしい副次効果

 わたしが長期分散投資を始めるきっかけになったのは、内藤忍さんの処女作『資産設計塾』(リンクは新版です)を読んだことがきっかけでした。
その次に出た『投資成功ノート』も、読んで自ら書き込んでいきましたが、いまいち自分の老後や、それに必要なお金ということを、現実味を帯びて考えられませんでした。今見返すとえっと思うような数字が書いてあります(笑)。
続きを読む >>

”投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2009”

 今年の1月に、インデックス投資ナイトに参加したとき、初めてこのFund of the Yearの存在を知りました。また、これがきっかけでSTAMシリーズを強く意識し始め、そのまま外国株式の積立をトヨタアセットバンガードからSTAMシリーズに変えました。(新興国株式とグローバル海外株式の比率は1:9くらいです)

今年は投票にも参加させていただきたいな・・・。

というわけで、”投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2009”、賛同します。その結果発表があるインデックス投資ナイト、来年1月も参加します♪整理番号は10番でした。

思えば、このイベントがきっかけで、このブログも開設したし、ブロガーの方々の存在をリアルにバーチャルに知り、一気に世界が広がったのでした。それまでは単に内藤忍さんの本を読み、アセットアロケーションをして、また内藤さんのブログを読んでいるだけだったのに・・・。

ブログを通じて他のインデックス投資家の方々とやりとりする中で、もちろんまだまだ試行錯誤中ですが、少しずつ自分の軸も決めていくことができたような気がします。

改めて、Fund of the Yearを運営してくださっている委員長のrennyさん、助手のイーノさんに、感謝の気持ちでいっぱいです。こういう形で個人投資家の声が更にプロの側に届いていってくれればいいなと思います。本当にありがとうございます。

岩瀬さんと内藤さんのセミナーに行ってきました

 「20代〜30代のための資産設計術」を聞きに、丸の内まで行ってきました。

続きを読む >>

そういえば・・・配当金

 配当金の受取は、証券口座で行うように設定を変更しました。
確定申告時の便宜のためと、運用で得たお金は再投資に回すためです。(といっても税引き後ですが・・・)

これまでは一時的な大きな支出(保険料の支払いとか、雑誌の年間購読費用とか、税金関係)は配当金を充てていました。今後はキャッシュから出していくことになるのでちょっと大変ですが、これで試してみようと思います。

ポートフォリオの整理

 外国債券編です。
これはいろいろあります。

日興MMF EURO
日興MMF AUSD
日興MMF USD
世銀債 ユーロ3.18% (2008年4月発行 3年もの)
世銀債 米ドル ゼロクーポン
トヨタモーターCC NZドル 7.66%(2007年10月発行 2.5年もの)
ウォルトディズニー米ドル 4.9%(2007年6月発行、4年もの)
トヨタモーターCC 豪ドル 4.68%(2009年10月発行 2年もの)
STAMグローバル債券インデックス

利金、および償還後の元金は外国通貨で受け取る設定にしています。

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM