スポンサーサイト

  • 2013.08.24 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ひさしインデックス

 最近、住宅の庇をチェックするのがマイブームになっています。
きっかけは自分の家にすだれを取り付けたことでした。
ハウスメーカーが作った築浅のアパートのサッシには出っ張りが全くなかったので、結局泣く泣く家の中に取り付けたのですが…。

帰省して、祖母の家に行くと、日本家屋の良さを毎年実感します。クーラーを入れなくても過ごせるのです。平屋だからということもあるし、家の外側が廊下(いわゆる「縁側」)だからということもあります。その廊下の上には日差しを遮る庇があります。
昔ながらの日本の家には、外と中を区切る廊下や庇が、「中間地帯」のような役割を果たしている。だから部屋の中は適度に涼しいのです。

翻って、東京のアパートには庇がありません。
部屋の外はいきなり外。直射日光も入る。
だから夏は熱く冬は寒くなります。

そんなこんなで、庇をテーマに家々を見ていくと、なんとなくわかってくることがあります。
・立派な家は庇がある(当たり前)
・立派な分譲マンションは、奥行き深めのバルコニーが庇にもなっている
・それほど立派でなくても、古い戸建て住宅には庇がきちんとついていることが多い
・対照的に、新しい戸建て住宅には庇がないものも多い
・賃貸マンションのバルコニーは相対的に奥行浅め。これはいかに不動産広告で「分譲賃貸!」と謳われていても、そう。(まあ、「分譲賃貸」なんて大抵眉唾なのですが)
・アパートには基本的に庇がない(当たり前?)

限られた土地からいかに床面積をとるか、ということを考えると、庇のようなものはどんどん削られていかざるをえないのかもしれません。庇がある家、というのはイコール、贅沢な家といっても差し支えないんじゃないかなと思う今日このごろです。



まさかのファンド償還 w(゚o゚*)w

 ほぼ一年ぶりの更新となってしまいました・・・・・・。

なんと、日興ユーロMMFが12月で償還されると言うではありませんか。この件では、何通かMONEXからも書面で連絡をいただいていたのですが、重い腰を上げて自分の口座にようやくログインしました。
日興ユーロMMFで持ってるユーロをつかって、既発債のドイツ国債やスペイン国債(!)も買えるらしいのですが、買ったとしても分配金や償還は日本円になるみたいで、あまり根本的なところでのソリューションにはなってないみたいです。

年末年始にまたリバランスするので、なにか投資信託で代替しようかなーと思ってます。
それにしても大赤字でした。何せ投資を始めた頃は100円台後半でしたからねぇ・・・・・・。

ざっと調べてみたところ、eMAXISで先進国債券の取り扱いがあるみたいなので、そちらを有力候補として考えていこうかと思ってます。

これまで参考にしてきた書籍には、こういう事態への処し方は書いていなかったな〜。でも、こういうことって起こるんですよね。

和解成立

少額訴訟から通常訴訟に移行した、私の保証金等返還事件、3回目の今日、無事和解が成立しました。

9万円返してもらえることになりました。

個人的には当初もくろんでいた着地点にきっちりはまって、ちょっと信じられないくらい嬉しいです。
これを多いと見るか少ないと見るかは人によるでしょうが、今回の状況を踏まえて妥当な決着だと思うし、私にとって9万円は大きなお金です。

泣き寝入りしないでよかった・・・。

書面を一生懸命書いたのもよかったみたいです。裁判官には、「弁護士の友達に書いてもらったんですか?」と言われたくらいでした。心証って大切なんだな〜ということも学びました。
書面については法律事務所勤務の友人Fさんが支援・応援してくださいました。本当に感謝です。

貸し主寄りの最高裁の判決が出た後にこんな訴えを起こして、馬鹿だったかもしれない、と思いましたが、結果的には訴えを起こしてよかったです。
敷金や保証金返還関係で迷ってる方、納得いかない方がいたら、周到な準備は必要だし平日に裁判所に行くのもなかなか難しいかもしれないけど、是非泣き寝入りしないでほしいと思います。

2回目の期日

先日は2回目の期日でした。

1回目の期日の時に出た被告の弁護士からの書面は読んでいました。
要するに、全ては契約で決まっていたことで、あらかじめ納得して署名していたのだから、原告の言い分は通らない。数ヶ月前に出たばかりの敷引有効の最高裁の判決だって裏付けになる、というような主張でした。

(・・・「敷金返還」でググるとよく出てくるような、トンでも大家さん、ではなかったようです。きわめてまともな感じでした)

そこで、私はこの日までに、反論を書面にして準備していきました。

最初の訴状を書いたときに、洗面台と鍵代の見積もりを出せ、という要求をしたら、
続きを読む >>

教育フォーラム2011 子どもの未来のために、いま私たちにできること

 1年半くらい前から活動に参画しているNPO、Living in Peace教育フォーラムが今年も開催されることになりました。
私自身は裏方として、ゲスト招聘や、当日のロジ、広報活動など、諸々に携わっています。

Living in Peace教育プロジェクトが児童養護施設を支援するという意味では、去年と変わりありません。これからもおそらく変わらないと思います。
ただ、今年は、『子どもの貧困』の著者である阿部彩先生、ヒューマンライツウォッチの土井香苗さん、タレントのサヘル・ローズさんなど豪華ゲストを迎えているという点や、代表の慎の新著(教育プロジェクトの活動について書かれています)の先行販売も行う予定で、去年からずいぶんパワーアップしています。

Living in Peaceのイベントでゲストをお呼びする際は、基本的にボランティアベースでお願いしているのですが、どの方も快く引き受けてくださり、本当に頭が下がる思いです。

そして、このフォーラムでは、経費を除いた収益の半分は支援先の筑波愛児園への寄付に充てられます。慎の新著の印税は全額愛児園寄付に回る予定です。

このフォーラムで、児童養護施設について少しでも知識を深め、自分にできるアクションを取っていきませんか?11月3日、広尾でお待ちしています。


◆ 日時 : 2011年11月3日 13:30〜17:30 (受付開始 13:00〜)

◆ 会場 : JICA地球ひろば 3階 講堂
 (東京メトロ日比谷線 広尾駅 3番出口 徒歩1分)
◆ アクセス : http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html

◆ 定員 : 300名

◆ 参加費 : 3,000円
※領収書がご入用の方は、受付にて係の者にお申し付けください。

◆ プログラム(予定):
第一部 講演 (13:30〜15:30)
◇基調講演: 阿部 彩 氏 (国立社会保障・人口問題研究所 社会保障応用分析研究部長)
◇講演  土井 香苗 氏 (ヒューマン・ライツ・ウォッチ日本代表)
◇講演◆ サヘル・ローズ 氏 (タレント/キャスター)
◇講演: 山口 公一 氏 (児童養護施設「筑波愛児園」施設長 法人理事)

第二部 パネルディスカッション (15:45〜17:30)
阿部 彩 氏、土井 香苗 氏、サヘル・ローズ 氏、山口 公一 氏
慎 泰俊 (NPO法人 Living in Peace 代表理事)

◆ 参加お申込フォームはこちら → http://goo.gl/PJ3M5

お名前(ふりがな)、所属、連絡先メールアドレス、本フォーラムを知ったきっかけを明記下さい。
※定員に達した場合はお断りさせて頂く場合がございます。あらかじめご了承ください。

◆ 主催 : 特定非営利活動法人 Living in Peace 教育プロジェクト 

裁判所に行ってきました

先日、裁判所に行ってきました。

本来はこの日が口頭弁論の日で、すべて完結する予定でしたが、先方が弁護士を立てて、通常訴訟への移行を求めてきました。
そして、この日は向こうの都合が悪いとのこと。 裁判所に来てくれてもかまわないが、何もことが進むわけではないし、一瞬で手続きは終わると、書記官の方から言われていました。
しかし私は今、相手の出してきた答弁に対して反論を準備しなくてはならず、次の期日を決めなければいけない、そしてなんだかよくわからないことだらけなので、とりあえずこの日は裁判所に出向くことにしたのでした。
(反論は第2回期日の1週間前には提出しなければいけません)

円卓には録音装置があって、ちょっと構えちゃいましたが、
続きを読む >>

提訴の背景

私が今回争うことになった経緯

・入居時、「保証金」の名目で家賃3ヶ月分払った
・この保証金は理由を問わず、退去時に全額償却される
・この保証金から、ハウスクリーニングや原状回復費用がまかなわれる
・この保証金とは別に、退去時約2万円の鍵交換費用を支払わなければならない
・借り主過失に対しては、保証金とは別に修繕費を払わなければならない

という立て付けの賃貸借契約でした。
その他、更新料が1.5ヶ月分というのも、結構高いなぁと感じていました。家賃も相場より少し高かったです。

また、退去して1ヶ月後ぐらいに、最後の月の日割り家賃精算が届いたのですが、そこからは
・鍵費用約2万円
・私の過失でひびが入った洗面ボウル交換代約5万円(見積もりなし)

が引かれていました。
保証金3ヶ月分も払っておいて、これらがさらに請求されたということにどうしても納得がいかず、訴えることにしたのでした。

申立をしてきました

 簡易裁判所にて、敷金返還のための申立の手続きをしてきました。
訴状を書く余裕がなかなかなくて、結局思い立ってから3ヶ月も経ってしまいました・・・こういうことって期限があるのかな。

恐らく来週には日時の連絡をもらい、来月には口頭弁論になりそうです。

今回、当たり前ですが弁護士を立てたりしないで、法律に詳しい友人(≠弁護士)に相談しながら、基本的には自分だけで準備を進めてきました。
役に立ったサービスはこちら。
続きを読む >>

泣き寝入りはしたくない

ちょっと前に引っ越しました。

先日、旧居の最後の月の日割り家賃精算書が来ました。
27万円も全額償却の保証金払ってるのに、その上にさらにこちらの過失の復旧と鍵代を請求されるのがやっぱり納得いかなくて、少額訴訟を考えています。
上記のことは特約で定められているのですが、借り主にあまりに不利だということで、消費者契約法第10条違反と考えています。
具体的なアクションはこれからです・・・。

FPに相談してきました

 確定申告がなかなか終わらないdoriaです。

FPに相談に乗ってもらったときのポイントを少し紹介します。

1.メインバンクを変更しました
もともと、
 新生銀行:メインバンク(事業用)
 三井住友:個人のお金決済用
 住信SBI:短期の積立
 ソニー銀行:長期の積立

としていたのですが、管理する口座の数が多いのが悩みでした。
(竹川さんのしくみマネー術を自分の環境に置き換えて考えた仕組みです)
FPによると、口座の数自体は、個人事業主ゆえ、多くなってしまうのは仕方がないこと。
ただ、メガバンクの総合口座をうまく利用すればもう少し整理できるのではないか?というアドバイスを頂きました。

そこで、兼ねてから振込先になることが多い三菱東京UFJ銀行にメインバンクを移すことを決定。取引先に連絡をし、口座引落になっているライフラインの支払いも変更手続きをしました。(三菱東京UFJは、同行内なら振込手数料がタダになるのに対し、三井住友は同支店内でしか無料にならないなど、メガバンク間でも違いがあります。 *ネットバンキングを利用の場合)
ちょっと面倒なので勢いが必要。
でも、新生銀行も利用しはじめた当初と比べだいぶ振込手数料をケチるようになってしまいましたし、見直さない理由はないな、と改めて感じました。

2.FPにも得手不得手がある
心のどこかでFPもフリーランスだろうから、フリーランスのインフラをよく理解してくれているに違いない、と思いこんでいました。
しかし実際は、小規模共済のことについては先方よりも自分の方が詳しく、ちょっとがっかりしてしまいました。(小規模共済こそが訊きたい疑問点の一つだったのに・・・)
こればかりは当たってみないと何とも言えないですね。でもおかげで勉強になりました。

3.ライフプランを作成してもらいました
当たり前ですが、あ〜年を取っていくんだな、自分も、と実感しました・・・。
FPに相談することで、あまり考えたくない将来や見たくない現実を直視するきっかけにもなりました・・・。

4.保険を販売するFPでした・・・
これも保険商品を紹介されてから知ったことでしたが・・・。
豪ドルの変額年金を勧められてしまいました・・・。
というのも、私には既往症があり、大部分の保険は入れない可能性が高いからなので、しょうがないのですが・・・。
もちろん押しが強いということは全くないので、特に反応をしなければいいだけの話なのですが。

5.家計を見直すきっかけになりました
FPに相談するに当たって、こちらから1ヶ月のお金の使途を伝える必要がありました。相談の中で、一つ一つの項目について質問されたり、全体のバランスを見てアドバイスを頂きました。
アドバイスもよかったのですが、他人に伝えるために家計の情報を取りまとめることで、結構自分がイメージしているよりも多く使っていることがわかりました。また、カードの支出が馬鹿にならない・・・。だから積立も進まない・・・。ということも浮き彫りになりました。
それ以来一大決心をして、最近は極力キャッシュで払う生活をしています。
なんだか日本の財政みたいですが、財源がないのにカードで買い物をするのは未来から借金をするのと同じだ〜と実感しました。

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2016 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM